「新華社」中仏間の医療・科学面での協力強化が重要、仏メリュー財団会長
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」中仏間の医療・科学面での協力強化が重要、仏メリュー財団会長 仏メリュー財団のメリュー会長は、新型コロナウイルス感染症対策は世界的・長期的な対策によってのみ実現可能であり、感染症のパンデミック(世界的な大流行)が始まってから4か月が過ぎた今こそ、中仏間、さらには他の国々との間で、医療・科学面での協力を深めることが重要だと述べた。メリュー氏は今月行われた中国科学院(CAS)とメリュー財団のビデオ会議で、ワクチンと抗ウイルス薬の開発で成果を挙げた中国の科学者らを称賛。中国人民だけでなく、それ以外の国の人々にも大いに恩恵をもたらすだろうと述べた。<映像内容>中仏で新型コロナの医療・科学面の協力強化、フランスの街並みなど風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 感染対策 医療 街並み パンデミック ビデオ会議 フランス メリュー メリュー会長 メリュー財団 メリュー財団会長 ワクチン 世界的長期 中国人民 中国科学院 仏メリュー 仏メリュー財団 医療科学 協力強化 感染症対策 抗ウイルス薬 新型コロナ 新型コロナウイルス感染症 新型コロナウイルス感染症対策 財団会長

映像情報

撮影日
2020/05/28
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
00分41秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4