「新華社」新型部品成形機の試運転が成功河北省
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」新型部品成形機の試運転が成功河北省 中国河北省の秦皇島経済技術開発区でこのほど、直径37ミリの金属丸棒を鍛造加工できる新型部品成形機の試運転が成功した。中国の自動鍛造プレス分野に新たな進展をもたらした同製品は現在、国内最大径の丸棒鍛造機となっており、6月初めに山東省のメーカーに出荷される。同製品はNC工作機械メーカー、秦皇島斉二数控機床が独自に開発した技術を応用。生産技術は中国トップレベルかつ世界先進レベルに達し、生産コスト削減や生産効率向上などの面で大幅な躍進を遂げた。毎分55個の部品が生産可能で、材料利用率は100%に近い。同社は開発区に自動鍛造プレス機研究開発・生産拠点を設け、鍛造プレス機の生産と技術開発能力では国内をリードしている。これまでに累計200種類以上の鍛造プレス機を生産しており、今年第1四半期(1~3月)の受注生産額は700万元(1元=約15円)以上に達した。(記者/王昆)<映像内容>金属丸棒を鍛造加工できる新型部品成形機の試運転に成功、工場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 金属丸棒 鍛造 機械 生産 工場 NC工作機械 NC工作機械メーカー コスト削減 トップレベル プレス分野 プレス機 プレス機研究開発 プレス機研究開発生産拠点 メーカー 世界先進 世界先進レベル 中国トップレベル 中国河北省 丸棒鍛造 先進レベル 効率向上 受注生産 国内最大 国内最大径 工作機械 工作機械メーカー 成功河北省 技術開発 技術開発能力 新型部品 新型部品成形 材料利用 生産コスト削減 生産効率 生産効率向上 生産技術 生産拠点 研究開発 研究開発生産拠点 秦皇島斉二 秦皇島経済技術開発区 経済技術開発区 自動鍛造 自動鍛造プレス 自動鍛造プレス機 部品成形 鍛造プレス 鍛造プレス分野 鍛造プレス機 鍛造プレス機研究開発 鍛造加工

映像情報

撮影日
2020/05/28
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分07秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4