「新華社」収穫期を迎えた「中州穀倉」の高標準農地河南省南陽市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」収穫期を迎えた「中州穀倉」の高標準農地河南省南陽市 中国河南省南陽市は「国家食糧安全保障戦略プロジェクト河南食糧生産核心区」「全国重要農産品生産基地」であり、通年の耕地保有面積は1578万4千ムー(約105万ヘクタール)に達し、「中州(河南省の別称)穀倉」と呼ばれている。同市は高標準農地「百千万」建設プロジェクトを推進するため、38万ムー(約2万5333ヘクタール)の高標準永久農地モデル区を集中的に整備した。この農地で今年栽培された良質の強力小麦の単位面積あたり生産量は550キロとなっており、地元大手の河南想念集団などの企業が売買契約を結んでいる。<映像内容>小麦の収穫の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 農業 空撮 収穫 プロジェクト プロジェクト河南 プロジェクト河南食糧生産 中国河南省 中国河南省南陽市 中州穀倉 保有面積 単位面積 国家食糧安全保障 国家食糧安全保障戦略 地元大手 売買契約 建設プロジェクト 想念集団 戦略プロジェクト 戦略プロジェクト河南 標準永久 標準永久農地 標準農地 標準農地河南省 永久農地 永久農地モデル 河南想念 河南想念集団 河南省南陽市 河南食糧生産 河南食糧生産核心 生産基地 耕地保有 耕地保有面積 農地モデル 農地河南省 農地河南省南陽市 農産品生産 農産品生産基地 食糧安全保障 食糧安全保障戦略 食糧安全保障戦略プロジェクト 食糧生産 食糧生産核心

映像情報

撮影日
2020/05/30
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
HD
フレームレート
25fps
再生時間
01分10秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4