伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

伝承基地でオロチョン族の毛皮・革工芸技術PR内モンゴル自治区  5月30日、オロチョン自治旗無形文化遺産伝承基地で、出来上がった作品を見せるオロチョン族獣皮制作技芸伝承者の呉玲芝(ご・れいし)さん(右)と弟子の呉晨麗(ご・しんれい)さん。中国内モンゴル自治区フルンボイル市オロチョン自治旗では、オロチョン族の人々が獣皮を加工した毛皮や革を使い、裁断、縫製、刺しゅうなどの工程を経て、北方狩猟民族の特色ある衣類や帽子などを制作している。オロチョン族の精巧な毛皮・革工芸の技術を幅広く示すため、同自治旗は無形文化遺産伝承基地を設立し、観光客に公開している。かつて狩猟民の防寒用だったこれらの製品は今や、オロチョン文化を広く伝える手工芸品となっている。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ オロチョン族 民族文化 手工芸 民族衣装 PR内モンゴル自治区 しんれい オロチョン オロチョン文化 オロチョン自治旗 オロチョン自治旗無形文化遺産 オロチョン自治旗無形文化遺産伝承 フルンボイル 中国内モンゴル自治区 中国内モンゴル自治区フルンボイル 伝承基地 内モンゴル自治区 内モンゴル自治区フルンボイル 制作技芸 制作技芸伝承 刺しゅう 北方狩猟民族 工芸技術 工芸技術PR 技芸伝承 技術PR 技術PR内モンゴル自治区 毛皮革工芸 無形文化遺産 無形文化遺産伝承 無形文化遺産伝承基地 狩猟民族 獣皮制作 獣皮制作技芸 革工芸技術

画像情報

登録日時
2020/05/30 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3280×4928 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
46.2(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ