茶葉の香り広がる生態茶園雲南省勐海県
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

茶葉の香り広がる生態茶園雲南省勐海県  5月28日、自身が管理する生態茶園で茶葉を摘む勐海県格朗和郷向陽寨村の村民。中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州勐海(もうかい)県はプーアル茶発祥の地の一つで、プーアル茶産業によって地域ブランド化を促進するモデル地区でもある。同県はここ数年、有機茶畑や生態茶園の建設を推進し、古い茶園の管理や摘み取り、メンテナンス技術の基準を定めて普及させることで、茶葉の品質向上と茶産業全体の発展を後押ししている。同県の2019年の茶葉栽培面積は80万ムー(約5万3333ヘクタール)余りで、うち生態茶園が61万ムー(約4万667ヘクタール)、有機茶園は8万1200ムー(約5413ヘクタール)だった。また毛茶(荒茶)の生産量は2万8400トン、精製茶の生産量は2万5600トンに達した。(勐海=新華社記者/呉寒)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 農業 茶業 もうかい シーサンパンナダイ プーアル茶 プーアル茶産業 プーアル茶発祥 メンテナンス メンテナンス技術 モデル地区 中国雲南省 中国雲南省シーサンパンナダイ 和郷向陽 和郷向陽寨 品質向上 地域ブランド 有機茶園 有機茶畑 格朗和郷 格朗和郷向陽 栽培面積 海県格朗 生態茶園 生態茶園雲南省 県格朗和郷 自治州勐 自治州勐海 茶園雲南省 茶園雲南省勐 茶葉栽培 葉栽培面積 雲南省シーサンパンナダイ 雲南省勐 雲南省勐海

画像情報

登録日時
2020/05/28 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
4000×6000 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
68.6(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ