肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

肉牛養殖で増収を後押し内モンゴル自治区ジャラントン市  5月28日、ジャラントン市にある肉牛牧場内の牛舎。中国内モンゴル自治区ジャラントン市は近年、地元の強みを生かしさまざまな優遇政策を制定、肉牛養殖産業の発展を支援してきた。現在、同市で50頭以上を養殖する肉牛牧場は625カ所を数える。「企業+拠点+農家」モデルによって、貧困世帯が肉牛を養殖するようけん引しているだけでなく、資本出資や利益配当、就業受け入れなどを通じて、貧困世帯の増収と富裕化を支援している。(フルンボイル=新華社配信/李志鵬)=2020(令和2)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 畜産 ジャラントン市 フルンボイル 中国内モンゴル自治区 中国内モンゴル自治区ジャラントン市 優遇政策 内モンゴル自治区 内モンゴル自治区ジャラントン市 利益配当 受け入れ 就業受け入れ 後押し内モンゴル自治区 後押し内モンゴル自治区ジャラントン市 肉牛牧場 肉牛養殖 肉牛養殖産業 貧困世帯 資本出資 養殖産業

画像情報

登録日時
2020/05/28 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
2738×4113 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
32.2(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ