「新華社」豆瓣醤メーカーがモデル転換に成功新たなランドマーク目指す
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」豆瓣醤メーカーがモデル転換に成功新たなランドマーク目指す 中国四川省成都市の豆瓣醤(トウバンジャン)メーカー、郫(ひ)県豆瓣醤でこのほど「郫県豆瓣醤技術改良プロジェクト」の竣工式が行われた。郫県豆瓣醤は「四川料理の魂」といわれる調味料で、その製造技法は第2次国家級無形文化遺産に登録されている。今回のイノベーションでは様々な「ハードコア(本格的)」な科学技術を導入・採用し、産業観光や工場でのライブ配信、自動化生産などに融合。第1次産業・第2次産業・第3次産業を効果的に活性化させることで、伝統的な豆瓣醤メーカーを産業観光の新たなランドマークへとモデル転換・アップグレードさせることに成功した。同プロジェクトは、技術的な向上と産業観光の結びつきが大きな特徴となっており、「屋外の甕(かめ)置場」や「自動化された梱包ライン」、「郫県豆瓣醤無形文化遺産技術体験基地」などを見どころとする産業観光拠点を建設し、観光、体験、ショッピングなどを通じて、観光客に郫県豆瓣醤文化の真髄を存分に味わってもらうことを目的としている。<映像内容>豆板醤の製造の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 四川料理 調味料 豆板醤 製造 中華料理 中国文化 アップグレード イノベーション ショッピング トウバンジャン ハードコア プロジェクト メーカー モデル転換 モデル転換アップグレード ライブ配信 ランドマーク 中国四川省 中国四川省成都市 体験基地 四川省成都市 導入採用 技術体験 技術体験基地 技術改良 技術改良プロジェクト 改良プロジェクト 梱包ライン 無形文化遺産 無形文化遺産技術 無形文化遺産技術体験 瓣醤メーカー 瓣醤技術 瓣醤文化 瓣醤無形文化遺産 産業観光 産業観光拠点 科学技術 結びつき 自動化生産 製造技法 見どころ 転換アップグレード 醤メーカー 醤技術改良 醤無形文化遺産 醤無形文化遺産技術

映像情報

撮影日
2020/06/04
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
HD
フレームレート
25fps
再生時間
00分38秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4