「新華社」中日両国の専門家、オンライン交流会で感染対策の経験を共有
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」中日両国の専門家、オンライン交流会で感染対策の経験を共有 中国浙江省の浙江大学医学院付属第一医院の慶春院区で5月29日午後、中日両国の専門家を招いた新型コロナウイルス感染症対策に関するオンライン経験交流会が開かれた。日本側から一般社団法人の「医療国際化推進機構(IMSA)」と「メディカルエクセレンスジャパン(MEJ)」および複数の病院の専門家、中国側から浙江大学医学院付属第一医院の十数人の専門家が参加し、ビデオ会議の画面上で新型コロナ対策の経験を共有した。交流会には、今回の感染症の拡大で中日両国間の医療物資支援に尽力した中国電子商取引(EC)大手アリババグループの創業者で公益団体「馬雲公益基金会」の創始者でもある馬雲(ジャック・マー)氏と、自民党幹事長でIMSAの名誉理事長を務める二階俊博氏も招かれ、ビデオ会議の画面上で対面した。馬氏はあいさつの冒頭、両国の医療関係者に感謝の意を表明。日本と中国の医療関係者は新型コロナとの闘いで大きな成功を収め、貴重な経験を蓄積したとの考えを示し「この数カ月で中日両国は非常に困難な時期を経験したが、真の友情を得ることもできた」と述べた。中国で新型コロナの感染が急速に拡大した当初、武漢市で感染防止物資が不足したことを受け、馬氏は二階氏に日本での医療物資の調達を依頼した。その後日本で感染が広まると、馬氏はすぐさま日本にマスクや防護服などの感染防止物資を寄贈。これらの物資は、二階氏とIMSAを通じて必要とする人々へ迅速に届けられた。二階氏はあいさつで「人と人との関係で最も得がたいのは、災難の時、困難な時に互いに助け合う精神だ」と表明。「今後第2波、第3波があるかもしれないが、在席の方々と一緒ならば乗り越えられると確信している。日中両国は困った時には助け合えると心から信じている」と述べた。今回の交流会は、馬雲公益基金会とアリババ公益基金会が新型コロナと闘う中国と世界の医療関係者の交流の場として設立した「新型コロナウイルス・グローバル医療交流プラットフォーム(GMCC)」とIMSAが共同で企画。延べ2千人以上がライブ配信で視聴した。(記者/兪菀、魏董華、崔力)<映像内容>日中の専門家が新型コロナの感染対策についてオンライン交流会を実施、撮影日:2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 感染対策 オンライン 交流会 GMCC IMSA あいさつ アリババ アリババグループ アリババ公益 アリババ公益基金 オンライン交流 オンライン交流会 オンライン経験 オンライン経験交流会 グローバル グローバル医療 グローバル医療交流 コロナ対策 ジャックマー ビデオ会議 プラットフォーム メディカルエクセレンスジャパン ライブ配信 一般社団法人 中国浙江省 中国電子商取引 中日両国 中日両国間 二階俊博 交流プラットフォーム 公益団体 公益基金 医療交流 医療交流プラットフォーム 医療国際化 医療国際化推進 医療物資 医療物資支援 医療関係 医療関係者 名誉理事長 国際化推進 国際化推進機構 大手アリババグループ 感染症対策 感染防止 感染防止物資 推進機構 新型コロナ 新型コロナウイルスグローバル 新型コロナウイルスグローバル医療 新型コロナウイルス感染症 新型コロナウイルス感染症対策 新型コロナ対策 日中両国 浙江大学 浙江大学医学 物資支援 経験交流会 自民党幹事長 防止物資 電子商取引 馬雲公益 馬雲公益基金

映像情報

撮影日
2020/05/29
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
02分15秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4