「新華社」中国初、炭鉱の地下に5Gネットワーク構築山西省
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」中国初、炭鉱の地下に5Gネットワーク構築山西省 中国石炭大手、山西陽煤集団の新元炭鉱は、このほど中国移動(チャイナモバイル)と華為技術(ファーウェイ)の協力を受け、中国で初めて坑内の地下に第5世代移動通信システム(5G)ネットワークを構築した。坑内の地下と地上間の高解像度テレビ通話や各種データの高速伝送、設備の遠隔スマート制御など、多岐にわたる活用が実現する。5月27日に開かれた山西工業企業5G応用推進会で明らかになった。新元炭鉱は昨年11月18日、中国で初めて坑内の地下に5G試験基地局を開通させ、今年4月29日には中国で初めて無線伝送設備の防爆認証を取得した。5G基地局の建設は新型インフラ建設の重要な要素の一つであり、坑内地下に基地局を建設するために、技術スタッフは多くの難題を克服した。新元炭鉱の坑内に設けられた中央配電室では、自動巡回検査ロボットがデータを収集し、坑道内の5G基地局を通じて地上の総合制御室に送られる。坑内モニタリングデータのアップロード量が大きく、指令のダウンロード量が小さいという特徴を踏まえ、炭鉱内の5Gネットワークでは、基地局1台の上り通信速度の最大値を毎秒1100メガビット(Mbps)以上とし、炭鉱生産におけるデータ伝送の特殊な要求を満たしている。業界関係者は、5Gの特徴である多数接続・広帯域幅・低遅延性を生かすことで、さらに5Gの応用シーンが増え、坑内の人員や設備、環境の自動検出が実現すると指摘。今後、無線センサーが改良されると、5Gの多数接続という特性を生かし、坑内に設置された無線センサーの大量接続が可能になり、坑道内の人やモノの全てを接続した「スマート鉱山」が構築されると述べた。<映像内容>炭鉱の地下に5Gネットワークを構築、炭鉱の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 空撮 炭鉱 IT 科学 技術 5G チャイナモバイル 華為技術 ファーウェイ ロゴマーク Mbps アップロード インフラ インフラ建設 スタッフ スマート スマート鉱山 センサー ダウンロード テレビ通話 データ伝送 ネットワーク ネットワーク構築 ネットワーク構築山西省 モニタリング モニタリングデータ ロボット 上り通信速度 中国石炭 中国石炭大手 中国移動 中央配電 伝送設備 各種データ 坑内モニタリング 坑内モニタリングデータ 坑内地下 坑道内の人 山西工業 山西工業企業 山西陽煤 巡回検査 巡回検査ロボット 工業企業 広帯域幅 応用シーン 応用推進 技術スタッフ 接続広帯域 接続広帯域幅 新元炭鉱 新型インフラ 新型インフラ建設 検査ロボット 業界関係者 構築山西省 炭鉱生産 無線センサー 無線伝送 無線伝送設備 石炭大手 総合制御 自動巡回 自動巡回検査 自動検出 解像度テレビ 解像度テレビ通話 試験基地局 通信速度 防爆認証 陽煤集団 高速伝送

映像情報

撮影日
2020/06/04
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
SD
フレームレート
25fps
再生時間
01分20秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4