「新華社」中医薬のクチナシ、貧困脱却の道を切り開く江西省
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」中医薬のクチナシ、貧困脱却の道を切り開く江西省 中国江西省吉安市の油洲村産業貧困支援基地でこのほど、2千ムー(約133ヘクタール)余りのクチナシの花が咲き乱れ、美しい風景を描き出した。クチナシの実は伝統的な中医薬で、肝機能保護や胆汁分泌促進、血圧低下、消炎などの作用があり、中医学では黄疸を伴う肝炎や高血圧、糖尿病などの治療によく用いられている。油洲村ではクチナシ栽培が始まってから十年以上経つ。栽培農家に毎年300万元(1元=約15円)以上の収入をもたらし、植樹や収穫に携わる100人余りの村民も毎年100万元以上の収入を得ている。(記者/黄和遜)<映像内容>クチナシの花が咲いている風景、水をあげる様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 風景 農業 クチナシ 中国医学 中医薬 貧困脱却 クチナシ栽培 中国江西省 中国江西省吉安市 分泌促進 支援基地 栽培農家 機能保護 江西省吉安市 油洲村産業 洲村産業 洲村産業貧困 産業貧困 産業貧困支援 胆汁分泌 胆汁分泌促進 血圧低下 貧困支援 貧困支援基地

映像情報

撮影日
2020/06/05
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
HD
フレームレート
25fps
再生時間
00分16秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4