「新華社」三峡ダム後続事業、生態環境保護に資金の5割超投入重慶市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」三峡ダム後続事業、生態環境保護に資金の5割超投入重慶市 国重慶市はこのほど、三峡ダム後続事業会議を開き、引き続き生態環境保護を三峡ダム後続事業の最重要項目とし、毎年事業資金の50%以上を生態系保護に使用する方針を打ち出した。中国は2011年、三峡ダム後続事業計画を始動、移転住民の平穏で豊かな暮らしの推進、ダムエリアの生態環境保護、地質災害防止の強化に重点的に取り組んできた。2020年は第1期三峡ダム後続事業計画の最終年度に当たり、新たに次期計画が編成される。同市は三峡ダムエリアでの「生態優先と環境配慮型発展」を重点的に推進し、生態産業によりダムエリア住民の貧困脱却難関攻略戦を支援していく方針。(記者/黎華玲、李松)<映像内容>三峡ダムエリアの風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 風景 景観 空撮 ドローン 街並み エリア住民 ダムエリア ダムエリア住民 三峡ダム 三峡ダムエリア 三峡ダム後続 三峡ダム後続事業 三峡ダム後続事業計画 事業会議 事業計画 事業資金 国重慶市 地質災害 地質災害防止 後続事業 後続事業会議 後続事業計画 投入重慶市 最終年度 次期計画 災害防止 環境保護 環境配慮 生態優先 生態環境保護 生態産業 生態系保護 移転住民 脱却難関 脱却難関攻略 貧困脱却 貧困脱却難関 難関攻略

映像情報

撮影日
2020/06/08
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分04秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4