「新華社」リアルな動きもこの通り、ユニークな「恐竜工場」四川省自貢市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」リアルな動きもこの通り、ユニークな「恐竜工場」四川省自貢市 国四川省自貢市は世界最大の恐竜模型生産基地となっており、地元の生産企業19社による恐竜模型の輸出額は1千万元(1元=約15円)に上る。顧客の求めに応じて、これらの模型の恐竜は腹部を起伏させたり、まぶたや眼球、尻尾を動かせるようにしているほか、鳴き声を出させたり、少し歩かせたりすることもできるという。同市あたりは先史時代で、恐竜の天国だった。同市郊外の大山舗で40年前、駐車場の建設工事中に恐竜の骨格化石が大量に発見された。その後、古生物学者が数千平方メートルの範囲から、百頭以上の恐竜および脊椎動物の、化石となった骨を発掘した。大山舗に建設された自貢恐竜博物館は現在、世界で最も多くジュラ紀の恐竜化石を収蔵・展示している施設の一つ。館内に収蔵されている化石標本は、2億500万年~1億3500万年前に生息していた恐竜の全種類をほぼ網羅している。化石は先史時代の大型動物を復元する際の科学的根拠とされる。大小を問わず、恐竜模型の制作には通常10~20人が携わり、製作期間は40日に達する場合もある。外観のデザインや電気回路の設計、動力伝達装置の製作の担当者のほか、皮膚の制作や牙や歯の設置に携わる人もいる。模型の恐竜の体は、スチールの骨組みとスポンジ、薄手のストッキングでできている。スポンジの表面を高温で熱して肌のきめを出し、その上に裁断したストッキングをかぶせ、特別な接着剤と顔料を塗布することで、迫真の効果が生み出される。(記者/王迪)<映像内容>動く恐竜の模型を生産する工場、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 恐竜 模型 生産 工場 ジュラ紀 スチール ストッキング スポンジ デザイン 世界最大 伝達装置 先史時代 動力伝達 動力伝達装置 化石標本 収蔵展示 古生物学者 同市郊外 四川省自貢市 国四川省 国四川省自貢市 大型動物 建設工事 恐竜化石 恐竜工場 恐竜模型 恐竜模型生産 模型生産 模型生産基地 生産企業 生産基地 科学的根拠 脊椎動物 自貢恐竜博物館 製作期間 電気回路 骨格化石

映像情報

撮影日
2020/06/08
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
HD
フレームレート
25fps
再生時間
01分42秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4