「新華社」コウライアイサの「巣立ち」の撮影に成功吉林省
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」コウライアイサの「巣立ち」の撮影に成功吉林省 中国吉林省長春市の東北師範大学自然博物館は4日、同館の研究員がこのほど長白山で国家1級保護野生動物コウライアイサの「巣立ち」の撮影に成功したと発表した。研究員によると「巣立ち」は、ひながふ化して24時間後、母鳥に伴われて巣穴から飛び出し、渓流での生活を始めるプロセスを指す。コウライアイサはジャイアントパンダやアモイトラと並ぶ希少種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種(EN)に指定されている。分布域が狭く、長白山から小興安嶺沿いにロシア極東地区に至るエリアで繁殖し、主に長江中・下流域以南で冬を越す。(記者/張建)<映像内容>コウライアイサの巣立ち、巣穴から飛び出す様子、撮影日:2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 動物 生き物 生態 ひな おもしろ IUCN アモイトラ コウライアイサ ジャイアントパンダ プロセス レッドリスト ロシア極東 ロシア極東地区 中下流域 中国吉林省 中国吉林省長春市 保護野生動物 保護野生動物コウライアイサ 吉林省長春市 国際自然保護連合 成功吉林省 東北師範大学 東北師範大学自然博物館 極東地区 絶滅危惧種 自然博物館 野生動物 野生動物コウライアイサ 長江中下 長江中下流域

映像情報

撮影日
2020/06/04
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
00分59秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4