「新華社」河北省臨城県で清代の石碑を発見村民自治や環境保護の記載
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」河北省臨城県で清代の石碑を発見村民自治や環境保護の記載 中国河北省邢台(けいだい)市臨城県の文化財保護部門がこのほど、同県臨城鎮南盤石村で清代同治年間の石碑を発見した。その後の研究で、石碑には清代の河北省南部地域の村民自治や環境保護の状況が記されていることが分かった。当時の風俗・習慣を知る上での参考資料になるという。石碑は高さ128センチ、幅50センチ、厚さ20センチ。右上部分が欠けており、二つに割れていた。碑文の一部も損なわれていた。同治7(1868)年の建立で、碑文は400文字余り。村が独自で定めた自治規定が記されており、むやみな樹木の伐採、盗品売買、集団賭博を禁じている。違反者へ処罰に関する規定も書かれていた。文化財保護の専門家によると、地元の古碑は史実や墓誌銘が中心で、村民が自ら定めた約束事や環境保護意識を示すものは珍しい。これまで見つかった中で環境保護について書かれた最も古い石碑だという。(記者/斉雷傑)<映像内容>環境保護について書かれた清代の石碑を発見、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 石碑 歴史 中国文化 環境保護 けいだい 中国河北省 中国河北省邢 保護部門 南部地域 参考資料 右上部分 同治年間 同県臨城 城鎮南盤石 市臨城県 文化財保護 文化財保護部門 村民自治 河北省南部地域 河北省臨城県 河北省邢 清代同治 清代同治年間 環境保護意識 発見村民 発見村民自治 盗品売買 臨城鎮南 自治規定 鎮南盤石 集団賭博 風俗習慣

映像情報

撮影日
2020/06/11
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
HD
フレームレート
25fps
再生時間
01分25秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4