「新華社」首都空港線が5Gに対応、スマート地下鉄がさらに進化北京市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」首都空港線が5Gに対応、スマート地下鉄がさらに進化北京市 中国北京市の北京地下鉄空港線はこのほど、EUHT(超高速無線通信)システムを用いた地下鉄通信伝送プラットフォームの試験運用を開始した。地下鉄車両と地上指令センターとの間に目に見えないファイバーチャネルを構築することで、北京地下鉄を長年悩ませてきた車両と地上間の通信問題を解決する。EUHTシステムが搭載された列車に乗ると、車内の液晶ディスプレイが27インチのスマート・マルチメディアディスプレイに変更されており、空港のフライト情報や乗換案内、天気予報などを表示していた。ドアの上の表示も液晶マップに交換され、異なるニーズに応じて画面レイアウトを変更し路線図などを表示できるようになっていた。第5世代移動通信システム「5G」の技術を利用して開発されたEUHTシステムは、理論上の最大帯域幅が200Mbpsに達する。高スループット(処理速度)と低遅延の長所を持つ最先端の通信技術とされる。同システムは自動列車制御装置(ATC)や車載監視カメラシステム、乗客情報システム、車内放送、緊急時のインターホン通話などの機能も搭載しており、列車と指令センター間の通信効率を大幅に向上させている。車内ディスプレイは、フルHD画像とインターネット接続によるストリーミング動画再生をサポートしている。ライブ配信と録画配信の切り替え機能なども備えており、より多様化した乗客のさまざまなニーズを満たすことができる。(記者/王修楠)<映像内容>北京地下鉄空港線が5Gに対応、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 地下鉄 列車 交通 通信 5G IT 科学 技術 EUHT EUHTシステム Mbps インターネット接続 インターホン インターホン通話 サポート システム ストリーミング ストリーミング動画 ストリーミング動画再生 スマート スマートマルチメディアディスプレイ スマート地下鉄 スループット センター ディスプレイ ファイバーチャネル フライト フライト情報 フルHD フルHD画像 プラットフォーム ライブ配信 レイアウト 中国北京市 乗客情報システム 乗換案内 伝送プラットフォーム 処理速度 切り替え 切り替え機能 動画再生 北京地下鉄 北京地下鉄空港線 地上指令 地上指令センター 地下鉄車両 地下鉄通信 地下鉄通信伝送 変更し路線図 天気予報 情報システム 指令センター 最大帯域幅 液晶ディスプレイ 液晶マップ 無線通信 画面レイアウト 監視カメラ 監視カメラシステム 自動列車制御装置 試験運用 車内ディスプレイ 車内放送 車載監視カメラ 車載監視カメラシステム 通信伝送 通信伝送プラットフォーム 通信効率 通信技術 進化北京市 録画配信 首都空港線 高速無線通信

映像情報

撮影日
2020/06/12
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
00分35秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4