「新華社」西湖大学、赤血球の「改造」による新しい細胞治療技術を発表
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」西湖大学、赤血球の「改造」による新しい細胞治療技術を発表 中国浙江省杭州市にある西湖大学はこのほど、赤血球による新しい細胞治療技術を発表した。患者から採取した少量の血液から造血幹細胞を取り出し、体外培養によって治療薬を運ぶ人工赤血球に改造した後、再び体内に戻して対症療法を行うという。新しい治療技術は同大学の高暁飛(こう・ぎょうひ)氏のチームが開発。カスタマイズ化されており、痛風や血友病、フェニルケトン尿症などの希少疾患やがんの治療で効果が期待される。(記者/朱涵、李濤)<映像内容>赤血球による新しい細胞治療技術を発表、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 医学 治療 医療 赤血球 こうぎょうひ カスタマイズ フェニルケトン尿症 中国浙江省 中国浙江省杭州市 人工赤血球 体外培養 対症療法 希少疾患 治療技術 浙江省杭州市 細胞治療 細胞治療技術 西湖大学 造血幹細胞

映像情報

撮影日
2020/06/12
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
HD
フレームレート
25fps
再生時間
02分12秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4