「新華社」自然保護区でセンザンコウの撮影に成功雲南省
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」自然保護区でセンザンコウの撮影に成功雲南省 中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の銅壁関省級自然保護区管護局はこのほど、赤外線カメラのデータを整理していた際、野生のセンザンコウが映っているのを発見した。映像の日付によると、センザンコウは2019年12月26日に同保護区内で撮影された。職員が体型や形態、近年のデータを元に分析した結果、被写体はミミセンザンコウとみられている。中国国家林業・草原局は5日、国務院の承認を経て、センザンコウ属の全ての種を国家2級保護野生動物から国家1級保護野生動物に引き上げることを発表した。(記者/姚兵)<映像内容>赤外線カメラで撮影した野生のセンザンコウの様子、撮影日:2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 動物 生き物 野生 生態 センザンコウ センザンコウ属 チンポー ミミセンザンコウ 中国国家 中国国家林業 中国雲南省 中国雲南省徳宏 保護区内 保護野生動物 国家林業 国家林業草原 徳宏ダイ 成功雲南省 林業草原 自然保護 自然保護区 赤外線カメラ 野生動物 雲南省徳宏 雲南省徳宏ダイ

映像情報

撮影日
2019/12/26
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
30fps
再生時間
00分20秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4