「新華社」雲岡石窟の3Dレプリカ、浙江大学で初公開
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」雲岡石窟の3Dレプリカ、浙江大学で初公開 中国浙江省杭州市の浙江大学で12日、山西省にある世界遺産「雲岡石窟」の洞窟の一つを3Dプリンターで再現したレプリカの組み立てが完成した。3Dプリンターによる移動可能な原寸大の洞窟レプリカは世界で初めてだという。高精度デジタル技術と3Dプリント技術で制作された同レプリカは、「音楽窟」とも呼ばれる雲岡石窟第12窟の前殿後室を再現。洞窟の形状や精巧で美しい彫像はもちろん、長い年月で風化した細かな傷までが正確に表現されている。雲岡石窟の「音楽窟」の深さは14メートルで、幅11メートル、高さ9メートル。5世紀に開削され、内部には天空の伎楽や中国内外の楽器が彫刻されている。中国最古の「宮廷交響楽団」といわれており、中国の音楽・舞踊史において重要な位置を占める。浙江大学文化遺産研究院と雲岡石窟研究院の共同プロジェクトチームは、2016年からデータの収集と処理、構造設計、パーツのプリントや着色などの作業を進め、数々の技術的な問題を克服してきた。洞窟のデジタルデータの精度は0・03ミリで、完成したレプリカの誤差は2ミリ未満、色彩再現度は95%以上となっている。同レプリカは、2メートル平方のブロック110個を6層に分けて積み上げている。ブロックは軽量素材で作られており総重量は約2トン。標準コンテナ8台に積載し輸送することができ、組み立てには1週間を要する。杭州で完成披露展示会を行った後、世界各地で巡回展を行うという。(記者/朱涵、李濤)<映像内容>雲岡石窟の3Dレプリカが公開、撮影日:2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国文化 3Dプリンター レプリカ 科学 技術 コンテナ デジタル デジタルデータ デジタル技術 ブロック プリント プロジェクトチーム 世界で初めて 世界各地 世界遺産 中国内外 中国最古 中国浙江省 中国浙江省杭州市 交響楽団 前殿後室 完成披露 完成披露展示 宮廷交響楽団 披露展示 文化遺産 文化遺産研究 構造設計 標準コンテナ 洞窟レプリカ 浙江大学 浙江大学文化遺産 浙江大学文化遺産研究 浙江省杭州市 石窟研究 精度デジタル技術 組み立て 色彩再現度 軽量素材 雲岡石窟 雲岡石窟研究 音楽舞踊

映像情報

撮影日
2020/06/12
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
SD
フレームレート
25fps
再生時間
01分54秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4