「新華社」珍しい石造りの楼閣2棟を発見湖北省十堰市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」珍しい石造りの楼閣2棟を発見湖北省十堰市 中国の武当山自然景観調査特別チームはこのほど、「武当東神道」として知られ、武当山の南側に位置する中国湖北省十堰(じゅうえん)市丹江口市塩池河鎮で綿密な調査を行い、「碉楼(ちょうろう)」と呼ばれる珍しい石造りの楼閣2棟を発見した。これらの碉楼は造りが似ており、建築年代も同じ時期に属している。2棟は60メートルほどしか離れておらず、その様子はさながら「碉楼ブラザーズ」と言える。碉楼は中国独特の居住用建築で、形が碉堡(トーチカ)に似ていることからこの名が付けられた。分布には強い地域性があり、限られた地域でしか見られない。文化財の専門家は、塩池河鎮で発見された珍しい「碉楼ブラザーズ」について、重要な研究価値があると述べている。(記者/李偉)<映像内容>珍しい石造りの楼閣「碉楼」を発見、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 建築 空撮 中国文化 じゅうえん ちょうろう トーチカ ブラザーズ 中国湖北省 丹江口市 丹江口市塩池 丹江口市塩池河 塩池河鎮 市丹江口市 市丹江口市塩池 建築年代 武当山自然景観 武当山自然景観調査 湖北省十堰市 発見湖北省 発見湖北省十堰市 研究価値 自然景観 自然景観調査

映像情報

撮影日
2020/06/16
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
HD
フレームレート
29.97fps
再生時間
00分47秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4