拉致で北朝鮮の対応焦点 日朝作業部会 (1/2)
本映像はログイン後にご覧いただけます

拉致で北朝鮮の対応焦点 日朝作業部会 (1/2)  北朝鮮の核問題をめぐる六カ国協議で設置合意した日朝国交正常化に関する作業部会が7日から2日間、ハノイで開かれる。日本が最優先課題と位置付ける日本人拉致問題で北朝鮮側から譲歩を引き出し、拉致被害者の期限付き再調査など具体的な進展が図られるか否かが最大の焦点だ。日本側は原口幸市・日朝国交正常化交渉担当大使、北朝鮮側は宋日昊・朝日国交正常化交渉担当大使がそれぞれ代表を務める。6日には非公式の準備会合が行われる予定で、日本政府代表団は5日夜、ハノイ入り<映像内容>ハノイに到着した原口大使、記者の質問に答える様子、撮影日:2007(平成19)年3月4日、撮影場所:ベトナムハノイ

タグ 北朝鮮 核問題 六カ国協議 日朝国交正常化 作業部会 拉致問題 再調査 原口幸市 交渉担当大使 宋日昊 朝日国交正常化 政治 外交 ベトナムハノイ ベトナム 交渉担当 北朝鮮側 原口大使 原口幸市日 原口幸市日朝 国交正常化 国交正常化交渉 宋日昊朝日 宋日昊朝日国交 対応焦点 担当大使 拉致被害者 日朝作業部会 日朝国交 日本人拉致 日本政府 日本政府代表 最優先課題 朝国交正常化 朝日国交 正常化交渉 正常化交渉担当 準備会合 設置合意

映像情報

撮影日
2007/03/04
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
01分13秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4