「新華社」恋を歌う民謡「康定情歌」の町を訪ねて四川省康定市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」恋を歌う民謡「康定情歌」の町を訪ねて四川省康定市 中国四川省カンゼ・チベット族自治州康定市は、青海チベット高原から雲貴高原や四川盆地に至る一帯に位置し、悠久の歴史を刻んできた。古くから四川、雲南、青海3省やチベット自治区、その周辺地区にとって重要な物流拠点として名をはせ、恋を歌う民謡「康定情歌」によって世界的にもその名が知られるようになった。「康定情歌」は別名「跑馬溜溜的山上(馬が駆け巡る山で)」ともいう。昔からの住人によると、この歌のメロディーは今の康定市の二道橋辺りで歌い継がれてきた「溜溜調」が原曲とされており、かつては康定の子どもなら誰もが習う曲だった。康定にはチベット様式の建物もあればモスクやカトリック教会もある。カフェや居酒屋、チベット式のダイニングバーは数え切れず、「情歌」という名前の店は掃いて捨てるほどある。地元の人たちは「一つの価値観では線引きできない町、それが康定」と笑う。康定の朝はさまざまな朝食の香りで目が覚める。週末ともなれば、近所の人とのおしゃべりで、朝食の時間が1時間以上になることも珍しくない。はるか昔から多様な文化が溶け合ってきた康定。1940年代には武漢や上海と並ぶ貿易都市となり、チベット族と漢族の交易品が行き交う重要な物流拠点として栄えた。康定のにぎわいは、漢族とチベット族の間で伝統的に行われてきた茶と馬を交換する「茶馬交易」に端を発する。唐代から宋代にかけて始まり、清代末期に最盛期を迎えた。四川省成都市とチベット自治区ラサ市を結ぶ川蔵道路沿いにあり、ここ数年、大勢の観光客を魅了してきた。観光業の発展が康定の姿を大きく変えている。(記者/尹恒)<映像内容>四川省康定市の街並みなど風景、民謡を歌う人、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 空撮 ドローン 風景 景観 街並み 民謡 文化 おしゃべり にぎわい カトリック教会 カンゼチベット族自治州 カンゼチベット族自治州康定市 ダイニング ダイニングバー チベット チベット族 チベット様式 チベット自治区 チベット自治区ラサ市 チベット高原 メロディー 中国四川省 中国四川省カンゼチベット族自治州 周辺地区 四川盆地 四川省カンゼチベット族自治州 四川省カンゼチベット族自治州康定市 四川省康定市 四川省成 四川省成都市 川蔵道路 康定情歌 清代末期 物流拠点 貿易都市 雲貴高原 青海チベット高原

映像情報

撮影日
2020/06/17
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分26秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4