「新華社」「クラウド診療」で山村の人々の健康を支援浙江省
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」「クラウド診療」で山村の人々の健康を支援浙江省 中国浙江省杭州市にある淳安県中医院遠隔診察センターと同県屏門郷衛生院(診療所)の会議室が、映像モニターで結ばれ、淳安県中医院の専門家による診察を、屏門郷衛生院の患者が真剣に聞き、医師が詳細に記録している。同県屏門郷は辺鄙な山間部にあり、市中心部から非常に遠く離れ、医者にかかるのが難しいことが大きな問題となっていた。淳安県はここ数年、医療共同体の遠隔診療サービス理念を踏まえ、地元で遠隔医療システムの構築を精力的に推進してきた。昨年5月から、同県中医院では遠隔医療体制を全面的にカバーし、8カ所の郷鎮衛生院や64カ所の村級衛生室(医務室)と結ぶ健康ネットワークを構築している。(記者/王懌文、李濤)<映像内容>山村の人々にクラウド診療をする様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ クラウド診療 医療 山間部 山村 クラウド サービス サービス理念 システム センター ネットワーク モニター 中国浙江省 中国浙江省杭州市 医療システム 医療体制 医院遠隔 医院遠隔診察 市中心部 支援浙江省 映像モニター 浙江省杭州市 診察センター 診療サービス 診療サービス理念 遠隔医療 遠隔医療システム 遠隔医療体制 遠隔診察 遠隔診察センター 遠隔診療 遠隔診療サービス 郷鎮衛生

映像情報

撮影日
2020/06/18
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
SD
フレームレート
25fps
再生時間
00分33秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4