「新華社」北京市海淀医院、集積型核酸検査実験室を設立新型コロナ検査を後押し
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」北京市海淀医院、集積型核酸検査実験室を設立新型コロナ検査を後押し 中国北京市の海淀医院がこのほど設立した集積型核酸検査実験室が、同市の新型コロナウイルス核酸検査を後押ししている。同実験室は同院の受診患者とオンラインで予約した市民などの核酸検査を担っており、同区の区立病院で集積型核酸検査実験室を設置したのは同院が初めて。スタッフによると、実験室は陰圧室で、室内設置型の換気システムを採用している。病原微生物が拡散しないダイヤフラムフィルターを備えており、内部の空気は浄化した上で安全に排気できる。検査室のスタッフは毎日午前11時と午後6時に医療従事者が採取した検体が届くと、個人防護具を着用して実験室に入り、核酸検査を実施する。(記者/馬暁冬、趙旭)<映像内容>新型コロナウイルス核酸検査の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 核酸検査 感染 オンライン コロナ検査 システム スタッフ ダイヤフラムフィルター 中国北京市 個人防護 北京市海 北京市海淀 区立病院 医療従事者 受診患者 室内設置 換気システム 新型コロナ 新型コロナウイルス核酸 新型コロナウイルス核酸検査 新型コロナ検査 核酸検査実験 核酸検査実験室 検査実験 検査実験室 海淀医院 病原微生物 設立新型 設立新型コロナ

映像情報

撮影日
2020/06/22
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分01秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4