「新華社」無形文化遺産の継承にクラウド技術を活用河北省秦皇島市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」無形文化遺産の継承にクラウド技術を活用河北省秦皇島市 中国河北省秦皇島市海港区に住む楊春秀(よう・しゅんしゅう)さんは、同市の無形文化遺産プロジェクト「手作りシルク刺しゅう」の代表的継承者。7歳の時に刺しゅうを好きになって以降、江蘇省蘇州市や浙江省杭州市を何度も訪れて腕を磨くとともに、蘇州刺しゅうの技法を自らの作品に取り入れてきた。刺しゅう針や絹糸、生地の伝統を守りつつ、自らのスタイルを確立していった楊さんは、現在の状況を踏まえ、クラウド技術を利用した伝統工芸の普及と伝承を目指してビデオ通話で双方向型の授業を開始した。(記者/杜一方、曹国廠)<映像内容>手作りシルク刺しゅうの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 無形文化遺産 刺しゅう 中国文化 芸術 伝統工芸 ようしゅん ようしゅんしゅう クラウド クラウド技術 シルク刺しゅう スタイル ビデオ通話 プロジェクト 中国河北省 中国河北省秦皇島市 代表的継承 刺しゅう針 手作りシルク 手作りシルク刺しゅう 江蘇省蘇州市 河北省秦皇島市 河北省秦皇島市海港区 活用河北省 活用河北省秦皇島市 浙江省杭州市 無形文化遺産プロジェクト 秦皇島市 秦皇島市海港区 蘇州刺しゅう

映像情報

撮影日
2020/06/22
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
HD
フレームレート
25fps
再生時間
00分55秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4