「新華社」活気取り戻すシェアオフィス市場、革新と創業チームの新たな選択に
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」活気取り戻すシェアオフィス市場、革新と創業チームの新たな選択に モバイル端末で会議室を予約し、顔認証で会議室に入る。オフィスでの仕事に疲れたら、瞑想ルームを予約して15分ほど休憩する。中国浙江省杭州市浜江区にある星瀾里オフィスビルでは、大勢のホワイトカラーがすでにこのようなシェアオフィスモデルに慣れ親しんでいる。2フロア3600平方メートル余りの空間で、30社余りがシェアオフィスモデルを活用し事業を展開している。シェアオフィスは2015年前後に始まった。最初は既存の物理的空間を改造して異なる会社が一緒にオフィス業務を行えるように便宜を図るビジネスモデルだった。その後技術の進歩に伴い、顔認証、クラウドストレージ、画面ミラーリングなどの技術を活用することで、シェアオフィスモデルはすでにオンラインとオフラインが融合したデジタル化オフィスの新たな体験をもたらすようになっている。中国国内の新型コロナウイルス感染症の流行が次第に落ち着くのに伴い、杭州市など「双創(起業とイノベーション)」戦略が進む都市などでシェアオフィス市場が活気を取り戻しつつある。業界関係者は、感染対策が常態化する中で、活動再開企業がオフィスのコスト抑制をいっそう重視するようになっており、シェアオフィスモデルの費用対効果の優位性がいっそう高まっていくとの見方を示している。(記者/呉帥帥、李濤)<映像内容>シェアオフィスの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ シェアオフィス 仕事 顔認証 IT 科学 技術 イノベーション オフィス オフィスビル オフィス市場 オフィス業務 オフライン オンライン クラウド クラウドストレージ コスト抑制 シェアオフィスモデル シェアオフィス市場 ストレージ デジタル化 デジタル化オフィス ビジネスモデル ホワイトカラー ミラーリング モバイル端末 一緒にオフィス 一緒にオフィス業務 中国国内 中国浙江省 中国浙江省杭州市 創業チーム 感染対策 新型コロナウイルス 新型コロナウイルス感染 杭州市浜江区 業界関係者 活動再開 活動再開企業 浙江省杭州市 浙江省杭州市浜江区 瀾里オフィスビル 物理的空間 画面ミラーリング 瞑想ルーム 費用対効果 里オフィスビル

映像情報

撮影日
2020/06/22
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
HD
フレームレート
25fps
再生時間
01分47秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4