「新華社」瀋陽発の中欧班列、感染症流行下で成長続ける帰り荷積載率上昇
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」瀋陽発の中欧班列、感染症流行下で成長続ける帰り荷積載率上昇 中国鉄路瀋陽局集団では新型コロナウイルス感染症の発生以来、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」業務が情勢に逆行して増加している。同社が17日までに運行した中欧班列は前年同期比38%増の191本、輸送貨物は33%増の1万6402TEU(20フィートコンテナ換算)となっている。特に医療物資の輸送に尽力、欧州の感染症対策を後押しした。また、復路輸送の帰り荷積載率が上昇し続けており、往路・復路輸送の均衡化がいっそう進んでいる。復路で輸送される商品にはBMWの自動車部品やミシュランなどの機械設備、マツ、カバノキなどのロシア産板材が含まれている。(記者/姜兆臣)<映像内容>コンテナを積む様子、中欧班列の走行の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中欧班列 一帯一路 列車 交通 輸送 コンテナ カバノキ コンテナ換算 ミシュラン ロシア産 ロシア産板材 中国鉄路 中国鉄路瀋陽 前年同期 医療物資 国際定期 国際定期貨物列車 定期貨物列車 帰り荷積載率 感染症対策 感染症流行 新型コロナウイルス 新型コロナウイルス感染 機械設備 積載率上昇 自動車部品 荷積載率 荷積載率上昇 貨物列車 輸送貨物 鉄路瀋陽

映像情報

撮影日
2020/06/22
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
00分52秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4