「新華社」上海の料理人、和食コンテストで優勝店の売り上げアップに貢献
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」上海の料理人、和食コンテストで優勝店の売り上げアップに貢献 中国上海市の日本料理店「東京和食」の料理人、王瑋平(おう・いへい)さん(42)は日本の東京で2月に開催された農林水産省主催の外国人による日本料理コンテスト「和食ワールドチャレンジ」で優勝した。米国やシンガポールなどから集まったファイナリスト5人を破っての快挙だった。「東京和食」はサントリーの中国法人、三得利(中国)投資の系列で、上海の外灘地区にある。新型コロナウイルスの影響で一時休業したものの、優勝の知らせが広まったことに加え、地方政府の支援もあり、営業再開後の5月の売上高は前年同月比で10%近く増えた。サントリーは1984年に中国市場に進出し、中国初となる合弁ビール会社を設立。中国でレストラン経営や酒類、飲料、環境・緑化などの事業を手掛ける。19年の全世界の売上高は1500億元(1元=約15円)で、うち海外事業が全体の42%を占めた。同社は30年までに全世界の売上高を2700億元、海外比率を6割まで引き上げるとしている。(記者/狄春)<映像内容>和食ワールドチャレンジで優勝した料理人、調理の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 日本料理 東京和食 外国人 和食 調理 コンテスト サントリー シンガポール ビール会社 ファイナリスト レストラン レストラン経営 中国上海市 中国市場 中国法人 合弁ビール 合弁ビール会社 和食コンテスト 和食ワールドチャレンジ 営業再開 地方政府 売り上げ 売り上げアップ 外灘地区 新型コロナウイルス 日本料理コンテスト 日本料理店 海外比率 環境緑化 農林水産省 農林水産省主催

映像情報

撮影日
2020/06/19
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
02分22秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4