「新華社」中国の先史三大玉文化、安徽省の凌家灘遺跡で新たな発掘調査
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」中国の先史三大玉文化、安徽省の凌家灘遺跡で新たな発掘調査 中国安徽省馬鞍山市含山県にある新石器時代後期の集落遺跡「凌家灘(りょうかたん)遺跡」でこのほど、新たな発掘調査が始まった。今回の発掘は、粘土を焼いて作った「紅焼土」が集中して堆積する遺跡の南端エリアで実施される。同遺跡は1985年に発見された。放射性炭素年代測定により約5800~5300年前の新石器時代後期の中心集落遺跡であることが判明している。長江中下流の淡水湖「巣湖(そうこ)」から長江に注ぐ河川流域でこれまで見つかった新石器時代の集落遺跡の中で、最大かつ保存状態の最も良い遺跡とされる。1987年の発掘開始以降、総発掘面積は4780平方メートルに達し、遺物2200点余りが出土した、うち玉器や石器などの貴重な文化財は1100点余りに上る。凌家灘文化は、遼寧省の紅山文化や浙江省の良渚(りょうしょ)文化と共に中国先史時代の三大玉文化と呼ばれている。(記者/水金辰、劉美子)<映像内容>凌家灘遺跡の発掘調査の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国文化 歴史 考古学 発掘調査 りょうか りょうかたん 中国先史時代 中国安徽省 中国安徽省馬鞍山市 中心集落 中心集落遺跡 保存状態 先史時代 南端エリア 大玉文化 安徽省馬鞍山市 安徽省馬鞍山市含 放射性炭素年代測定 新石器時代 新石器時代後期 河川流域 発掘開始 発掘面積 紅山文化 集落遺跡 馬鞍山市 馬鞍山市含 馬鞍山市含山県

映像情報

撮影日
2020/06/19
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分24秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4