「新華社」端午節の風物詩、四角い「ちまき」浙江省寧海県
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」端午節の風物詩、四角い「ちまき」浙江省寧海県 中国浙江省寧波市寧海県には、端午節(旧暦5月5日、今年は6月25日)にちまきを作って食べたり、贈り合ったりする習慣がある。同県長街鎮の「横包ちまき」は四角い形が特徴。作る時はまず、集めたタケノコの皮にカビが生えないよう天日干しし、重しを乗せて一晩水に漬けることで柔らかくするとともに汚れを取る。もち米は半日水に浸し、ソラマメやエンドウ、アズキ、干しイモなども準備。皮に米を入れた後、押し込みながら詰め、麻ひもで縛って茹でる。蒸し上がったら赤砂糖をかけて食べる。(記者/鄭夢雨)<映像内容>横包ちまきの調理の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ ちまき 中国文化 食文化 食べ物 エンドウ ソラマメ タケノコ 中国浙江省 中国浙江省寧波市 包ちまき 天日干し 寧波市寧海県 横包ちまき 浙江省寧波市 浙江省寧波市寧海県 浙江省寧海県

映像情報

撮影日
2020/06/23
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
02分04秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4