「新華社」新疆ウイグル自治区の外部送電量、10年で3千億キロワット時超える
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」新疆ウイグル自治区の外部送電量、10年で3千億キロワット時超える 中国国有送電大手、国家電網傘下の新疆電力は22日、新疆ウイグル自治区が2010年に自治区外への送電を開始して以降、19の省(自治区・直轄市)への送電量が累計3千億キロワット時を超えたと明らかにした。新疆電力交易中心交易部の責任者、張俊(ちょう・しゅん)氏は、3千億キロワット時は標準炭約9600万トンに相当すると指摘。中・東部地区の各省(自治区・直轄市)全体が二酸化炭素2億5900万トン、二酸化硫黄81万6千トン、窒素酸化物71万トンの排出を削減するのを支援したことになると述べた。同自治区は中国の石炭予想埋蔵量約4割を占めるとともに、風力発電や太陽光発電の条件も備えている。同自治区発展改革委員会のデータによると、自治区全体の現在の発電設備容量は9243万2千キロワット。うち風力・太陽光発電の設備容量は3千万キロワットを超える。新エネルギー発電設備容量は全国上位に位置している。(記者/張嘯誠、杜剛)<映像内容>新疆ウイグル自治区の送電設備の様子、撮影日:2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 送電 電力 空撮 風景 ソーラーパネル ちょうしゅん 中国国有 中国国有送電 中心交易 予想埋蔵 二酸化炭素 二酸化硫黄 交易中心 交易中心交易 全国上位 国家電網 国家電網傘下 国有送電 国有送電大手 外部送電 太陽光発電 改革委員会 新エネルギー 新エネルギー発電設備 新エネルギー発電設備容量 新疆ウイグル自治区 新疆電力 新疆電力交易 東部地区 発展改革 発展改革委員会 発電設備 発電設備容量 石炭予想 石炭予想埋蔵 窒素酸化物 自治区発展 自治区発展改革 自治区直轄市 設備容量 送電大手 送電設備 電力交易 電力交易中心 風力太陽光発電 風力発電

映像情報

撮影日
2020/06/22
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
03分17秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4