「新華社」黒土地帯の肥沃な土壌、保護の取り組み進む中国黒竜江省
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」黒土地帯の肥沃な土壌、保護の取り組み進む中国黒竜江省 中国の主要食糧生産省の一つ、黒竜江省は近年、肥沃な土壌「黒土」の保護・利用試行地区の実施、科学的な輪作システムの確立、「秸稈還田」(麦や稲などのわらをすき込んだり、堆肥にしたりして土に返す取り組み)や耕地総合整備などの措置を実施することで耕地の品質を絶えず向上させ、耕地の退化を効果的に防止し、貴重な黒土の土地資源保護に努め、農業の高品質な発展を進めている。同省チチハル市克山県はプロジェクトとバイオ技術、農業機械と農業技術を融合させることで、耕地の品質を高めている。2020年の同県の黒土地保護・利用プロジェクト面積は50万ムー(約3万3千ヘクタール)で、うち「秸稈還田」の面積は18万2千ムー(約1万2千ヘクタール)、有機肥料使用面積は15万6千ムー(1万400ヘクタール)、トウモロコシと大豆の輪作面積は16万2千ムー(1万800ヘクタール)だった。今年のプロジェクト実施地域の耕地品質の平均値、耕地土壌の有機質含有量の平均値は2017年と比べそれぞれ0・5等級、3%以上向上しており、わらの総合利用率は87%に達した。(記者/唐鉄富)<映像内容>黒土地帯の保護の取り組み、農地を耕す様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 農業 農業機械 空撮 ドローン システム チチハル トウモロコシ バイオ技術 プロジェクト プロジェクト実施 プロジェクト実施地域 プロジェクト面積 中国黒竜江省 使用面積 保護利用 保護利用プロジェクト 保護利用試行 利用プロジェクト 利用プロジェクト面積 利用試行 利用試行地区 取り組み 同省チチハル 土地保護 土地保護利用 土地資源 土地資源保護 実施地域 有機肥料 有機肥料使用 有機肥料使用面積 秸稈還田 総合利用 総合整備 耕地品質 耕地土壌 耕地総合 耕地総合整備 試行地区 資源保護 輪作システム 輪作面積 農業技術 食糧生産 黒土地保護 黒土地帯 黒竜江省

映像情報

撮影日
2020/06/24
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分00秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4