800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市  23日、径山寺で写真を撮る観光客。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 中国文化 お茶 茶芸 点茶 観光 日中文化交流 風景 きんざん つながり ペースト 万寿禅寺 中国浙江省 中国浙江省杭州市 中日文化 中日文化交流 交流浙江省 交流浙江省杭州市 南宋時代 友好交流 数回熱湯 文化交流 文化交流浙江省 文化友好 文化友好交流 日中文化 杭州市余杭区 浙江省杭州市 浙江省杭州市余杭区 現在日本

画像情報

登録日時
2020/06/23 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
3500×5250 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
52.5(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ