「新華社」5G基地局の整備加速年内に1400基へ河北省秦皇島市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」5G基地局の整備加速年内に1400基へ河北省秦皇島市 中国河北省秦皇島(しんこうとう)市では第5世代移動通信システム(5G)ネットワークの構築に力を入れており、年内に5G基地局1400基余りの設置が完了する見通しとなっている。中国三大通信キャリアの中国移動通信(チャイナモバイル)、中国電信集団(チャイナテレコム)、中国聯合網絡通信(チャイナユニコム)の秦皇島支社がそれぞれ、設置を進めている。チャイナモバイルは40基余りの設置が完了しており、年内に700基余りを開通させる予定。チャイナユニコムとチャイナテレコムは共同で建設し、設備を共用する。総額2億6千万元(1元=約15円)を投じて763基を建設する計画で、9月末までに市街地全域をカバーする。現在は約300基の設置が完了しており、主に市街地の商業地域を中心にカバーしている。(記者/張碩)<映像内容>河北省秦皇島市の5G基地局の整備、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 5G IT 科学 技術 こうとう しんこうとう キャリア チャイナテレコム チャイナモバイル チャイナユニコム ネットワーク 中国河北省 中国河北省秦皇島 中国移動通信 中国電信 中国電信集団 加速年内 商業地域 市街地全域 整備加速 整備加速年内 河北省秦皇島 河北省秦皇島市 秦皇島市 秦皇島支社 網絡通信 通信キャリア

映像情報

撮影日
2020/06/25
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
00分34秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4