「新華社」ヨモギを挿し「老虎鞋」を作る安徽省に伝わる端午節の風習
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」ヨモギを挿し「老虎鞋」を作る安徽省に伝わる端午節の風習 中国安徽省南部、池州市青陽県に住む劉珍珠(りゅう・ちんしゅ)さんは伝統的な節句の端午節(旧暦5月5日、今年は6月25日)を迎えるため、自宅前でヨモギを刈って門の両側に挿し、家族全員の健康と平安を祈った。一方、同省東部の馬鞍山市含山県では、民間手工芸作家の王之梅(おう・しばい)さんが社区(コミュニティー)の子どもたちに端午節の風習や虎の頭をかたどった布靴「老虎鞋」の由来について話し、手を取って制作技術を伝えた。王さんによると、「老虎鞋」作りは簡単そうに見えるが、10以上の大小さまざまな工程があり、完全手作りだと通常1日に2足しか作れないという。同県では毎年端午節になると、年長者が子どもに平安吉祥の意味合いのある「老虎鞋」を履かせ、健康と成長を祈願するという。(記者/曹力)<映像内容>ヨモギを飾る様子、布靴をつくる様子、撮影日:2020(令和2)年6月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ ヨモギ 端午節 中国文化 布靴 老虎鞋 子ども うしばい ゅうちんしゅ コミュニティー 中国安徽省 中国安徽省南部 制作技術 取って制作 取って制作技術 同省東部 子どもたち 安徽省南部 家族全員 工芸作家 平安吉祥 意味合い 池州市青陽県 馬鞍山市 馬鞍山市含 馬鞍山市含山県

映像情報

撮影日
2020/06/25
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
HD
フレームレート
25fps
再生時間
01分13秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4