「新華社」特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」特産の笹の葉、日本などへの輸出が好調湖南省桑植県 中国内陸部を走る武陵山脈の奥深くにある湖南省張家界市桑植県は、笹の葉の産地として知られる。主に標高800メートル以上の高地で26万ムー(約1万7千ヘクタール)にわたって笹が自生しており、湿った空気と豊かな水源、朝晩の気温差が理想的な生育環境となっている。同県からは、独特のすがすがしい香りを持つ新鮮な笹の葉が毎年大量に日本の上越地方に輸出されている。寿司や団子などの食品用天然包装材としてのほか、日本料理店や焼き肉店で皿代わりとしても使われ、料理に趣を添えている。(記者/王昕怡、阮周圍)<映像内容>湖南省桑植県特産の笹の葉、笹の葉を分別する様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 笹の葉 特産 日本 輸出 上越地方 中国内陸部 天然包装 張家界市 張家界市桑植県 日本料理 桑植県特産 武陵山脈 湖南省張家界市 湖南省張家界市桑植県 湖南省桑植県 湖南省桑植県特産 生育環境 皿代わり

映像情報

撮影日
2020/06/26
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
30.303fps
再生時間
01分09秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4