「新華社」30秒で事故を通知、AIで高速道路のスマート化後押し浙江省
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」30秒で事故を通知、AIで高速道路のスマート化後押し浙江省 高速道路での交通事故を発生後30秒以内に人工知能(AI)システムが把握し、管理スタッフに通知する。中国浙江省政府、浙江大学、アリババグループが共同で立ち上げた研究機関、「之江実験室」が開発したこのスマート高速道路セルラーV2Xシステムは、滬杭甬(上海‐杭州‐寧波)高速道路の試験区間で成果を収め、すでに実用化されている。滬杭甬高速道路管制システムのインターフェースに表示される各指標は現場のデータに伴いリアルタイムで変動する。このインターフェースを使って、AIは15分後、30分後、60分後、120分後それぞれの道路網の車の流れや速度、渋滞状況などを予測し、交通事故の場所、時間をフィードバックするとともに、関連措置によるその後の効果も予測する。滬杭甬高速道路は浙江省で初の高速道路として1998年に全線開通し、今はスマート化へのアップグレードの時期を迎えている。同高速道路のAI化・高度化改造初期計画によると、モバイルインターネット、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、IoT(モノのインターネット)などの先進技術とコンセプトで「人、車、道、環境」をカバーするスマート高速道路網を建設し、高速道路のユーザー体験と安全性を向上させるとしている。(記者/朱涵、李濤)<映像内容>高速道路での交通事故を発生後30秒以内に把握し通知するAIシステム、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ AI IT 科学 技術 高速道路 交通事故 AIシステム アップグレード アリババグループ インターネット インターフェース クラウドコンピューティング コンセプト システム スタッフ スマート化 スマート化後押し スマート化後押し浙江省 セルラー ビッグデータ フィードバック モノのインターネット モバイル モバイルインターネット ユーザー ユーザー体験 リアルタイム 中国浙江省 中国浙江省政府 人工知能 先進技術 全線開通 初期計画 後押し浙江省 改造初期 改造初期計画 杭甬高速道路 江実験室 浙江大学 浙江省政府 渋滞状況 甬高速道路 甬高速道路管制 研究機関 管制システム 管理スタッフ 試験区間 関連措置 高速道路セルラー 高速道路管制 高速道路管制システム

映像情報

撮影日
2020/06/26
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
00分54秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4