北京新発地市場関連の新型コロナ感染で初の退院者
拡大画像はログイン後にご覧いただけます

北京新発地市場関連の新型コロナ感染で初の退院者  29日、北京地壇医院で、医療関係者に伴われて隔離病棟を出る何さん。中国北京市で29日午前、新発地卸売市場に関連する新型コロナウイルス感染患者のうち、治療を終えた最初の患者が北京地壇医院を退院した。同日退院したのは同市西城区に住む56歳の男性、何(か)さんで、今月3日に同市場で羊肉を購入し、約20分滞在した。2日後に倦怠感を覚え、12日に発熱。熱は約38度まで上がった。受診した病院での核酸検査でコロナウイルス陽性が確認されたため、13日に新型コロナウイルスによる普通程度の肺炎として地壇医院に入院した。(北京=新華社記者/彭子洋)=2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

タグ 新型肺炎 新型コロナウイルス 北京新発地市場 感染 退院 医療 治療 コロナウイルス コロナウイルス陽性 コロナ感染 中国北京市 医療関係 卸売市場 同市西城区 地壇医院 市場関連 感染患者 新型コロナ 新型コロナウイルス感染 新型コロナウイルス感染患者 新型コロナ感染 核酸検査 発地卸売市場 発地市場 発地市場関連 隔離病棟

画像情報

登録日時
2020/06/29 00:00:00
種別
画像 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

画像サイズ
2989×1990 pixel
解像度
72 dpi
展開サイズ※
17.0(M)

※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ