「新華社」小浪底ダム、過去最大流量の水が花園口水文観測所を通過河南省鄭州市
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」小浪底ダム、過去最大流量の水が花園口水文観測所を通過河南省鄭州市 中国水利部黄河水利委員会はこのほど、河南省鄭州市花園口水文観測所が6月29日午前8時に毎秒5520立方メートルの水量を確認したことを明らかにした。黄河下流への大流量の放水が現在、安定して進められている。黄河2020年大洪水防止実戦訓練は6月24日に始まった。28日には、同省洛陽市の黄河小浪底ダムの放流量が毎秒3500立方メートルから5500立方メートルまで段階的に引き上げられ、ダム稼働後の最高値に達した。黄河下流の水の流れは全体的に安定している。(記者/楊琳)<映像内容>黄河小浪底ダムの放流量がダム稼働後の最高値に到達、放水の様子など、撮影日:2020(令和2)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 空撮 風景 ダム 放水 ダム稼働 中国水利 同省洛陽市 大洪水防止 大洪水防止実戦 実戦訓練 小浪底ダム 文観測所 最大流量 水利委員会 河南省鄭州市 河南省鄭州市花園 通過河南省 通過河南省鄭州市 鄭州市花園 防止実戦 防止実戦訓練 黄河下流 黄河小浪 黄河小浪底 黄河水利 黄河水利委員会

映像情報

撮影日
2020/06/29
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分03秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4