「新華社」瓢箪がクリエーティブ製品に伝統受け継ぐ「80後」
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」瓢箪がクリエーティブ製品に伝統受け継ぐ「80後」 中国陝西省合陽県洽川鎮は、ヒョウタン(瓢箪)の工芸品制作が盛んな街として知られる。中国の無形文化遺産プロジェクトの一つ、「洽川ヒョウタン」は、黄河湿地の良質なヒョウタンを素材とし、穴開け、色付け、絵付け、彫りなど20以上の工程を経て作られる。同県に住む「80後」(1980年代生まれ)の無形文化遺産「洽川ヒョウタン」の制作技法伝承者、宋朋傑(そう・ほうけつ)さんは、伝統工芸を受け継ぎながら、ヒョウタン栽培加工専業合作社(協同組合)を設立。ヒョウタンで作った伝統演劇の隈取りやライト、ブルートゥーススピーカーなどの新たな文化クリエーティブ製品が消費者の人気を博している。製品の一部は、日本やアラブ首長国連邦などでも販売されているという。(記者/張晨俊)<映像内容>ヒョウタンの工芸品制作の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ ヒョウタン 工芸品 伝統工芸 中国文化 制作 芸術 アラブ首長国連邦 クリエーティブ クリエーティブ製品 スピーカー ヒョウタン栽培 ヒョウタン栽培加工 ブルートゥース ブルートゥーススピーカー プロジェクト 中国陝西省 中国陝西省合陽県 伝統演劇 制作技法 制作技法伝承 加工専業 加工専業合作社 協同組合 合陽県洽 専業合作社 技法伝承 文化クリエーティブ 文化クリエーティブ製品 栽培加工 栽培加工専業 無形文化遺産 無形文化遺産プロジェクト 陝西省合陽県 陝西省合陽県洽 黄河湿地

映像情報

撮影日
2020/07/03
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
03分09秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4