「新華社」唐代の狄仁傑が北朝壁画を案内文化のタイムスリップを体験
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」唐代の狄仁傑が北朝壁画を案内文化のタイムスリップを体験 中国山西省太原市の山西博物院は1日から10月11日まで、文化財デジタル展「壁画のパラレルワールド-狄仁傑(てき・じんけつ)が北朝を案内」を初開催している。来場者はインタラクティブ体験により北朝壁画を理解することができる。同展に実物はなく、デジタル映像などを通じたインタラクティブ体験によって知識を伝える。同省出身の歴史上の有名人、狄仁傑がガイドに変身し、彼が生きた唐代(618~907年)から北朝時代(386~581年)にタイムスリップし、北朝壁画の中の社会のさまざまな様子を来場者と共に探索する。会場では壁画を手でこすって画面を明るくしたり、北朝時代の武士や楽師、騎士などの服装を変えてその写真を持ち帰ったりすることもでき、文化的意味が含まれているだけでなく、面白さがある。(記者/馬志異、王学濤)<映像内容>文化財デジタル展「壁画のパラレルワールド-狄仁傑が北朝を案内」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 中国文化 歴史 IT 科学 技術 文化財 デジタル展 てきじん てきじんけつ インタラクティブ インタラクティブ体験 タイムスリップ デジタル デジタル映像 パラレルワールド 中国山西省 中国山西省太原市 北朝壁画 北朝時代 同省出身 山西博物 山西省太原市 文化的意味 文化財デジタル 案内文化

映像情報

撮影日
2020/07/03
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
HD
フレームレート
25fps
再生時間
01分07秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4