アイヌ施設ウポポイ開業 文化発信、観光のけん引役
本映像はログイン後にご覧いただけます

アイヌ施設ウポポイ開業 文化発信、観光のけん引役  アイヌ民族の文化の発信と継承、国民理解促進の拠点として北海道白老町のポロト湖畔に整備されたアイヌ文化施設「民族共生象徴空間(ウポポイ)」が12日、開業した。「先住民族アイヌ」をテーマとした初めての国立施設。政府は観光や地域振興のけん引役としても期待しており、年間来場者100万人を目指すとしている。 この日はPRアンバサダーで俳優の宇梶剛士さんらが参加し、オープニングセレモニーが開かれた。 当初は4月24日に開業予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で2度にわたって延期されていた。開業後は感染防止のため入場を事前予約制とし、平日は1日2千人、土日祝日は1日2500人程度に制限する。 主な施設は国立アイヌ民族博物館と国立民族共生公園、慰霊施設の三つ。博物館は民族衣装や工芸品など約1万点を収蔵し、うち約700点を展示している。 公園は伝統舞踊やムックリ(口琴)演奏を披露する体験交流ホールや、伝統的な家屋が並ぶコタン(集落)からなる。 <映像内容>オープニングセレモニー、会場全景、北海道の鈴木直道知事あいさつ、PRアンバサダーで俳優の宇梶剛士さんあいさつ、同じくアンバサダーでAKB48メンバー坂口渚沙さんや「TEAM NACS」の森崎博之さんらの様子、テープカット、見学者の入場や出迎える宇梶さんら、披露されたアイヌの踊りや楽器、見学者の様子、施設の雑観など、撮影日:2020(令和2)年7月12日、撮影場所:北海道白老町

タグ アイヌ民族 国民理解促進 北海道 白老町 ポロト湖畔 民族共生象徴空間 国立施設 オープニングセレモニー 新型コロナウイルス 感染拡大 事前予約制 国立アイヌ民族博物館 国立民族共生公園 慰霊施設 NACS PRアンバサダー TEAM あいさつ アイヌ文化 アイヌ文化施設 アイヌ施設 アイヌ施設ウポポイ アイヌ民族博物館 アンバサダー ウポポイ ウポポイ開業 テープカット ポロト湖 ムックリ 事前予約 交流ホール 会場全景 伝統舞踊 体験交流 体験交流ホール 先住民族 先住民族アイヌ 共生公園 共生象徴 共生象徴空間 北海道白老町 同じくアンバサダー 国民理解 国立民族 国立民族共生 土日祝日 地域振興 坂口渚沙 宇梶剛士 年間来場者 感染防止 文化発信 新型コロナウイルス感染拡大 施設ウポポイ 施設ウポポイ開業 森崎博之 民族共生 民族共生公園 民族共生象徴 民族衣装 理解促進 知事あいさつ 象徴空間 鈴木直道 鈴木直道知事 鈴木直道知事あいさつ 開業予定

映像情報

撮影日
2020/07/12
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
01分49秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4