「新華社」アモイ港の全自動化コンテナ埠頭、中国経済を加速
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」アモイ港の全自動化コンテナ埠頭、中国経済を加速 中国福建省のアモイ港は中国四大国際海運センターの一つ。港内の遠海コンテナ埠頭(ふとう)は、スマート・安全・環境保護の特徴を備え、独自の知的財産権を有する、中国初の全自動化コンテナ埠頭となっている。同埠頭は2011年11月28日に正式に稼働し、19年のコンテナ取扱量は210万TEU(20フィートコンテナ換算)を超えた。今年5月には、第5世代移動通信システム(5G)と自動運転コンテナトラックの導入を発表したほか、5Gを活用したスマート港湾の運用を全面的に開始、テクノロジーを駆使することで新型コロナウイルス感染症が業務に与える影響を食い止めた。同埠頭は現在、貿易航路13本を運航し、北西ヨーロッパや地中海、アメリカ、オセアニアなどの主要港湾をカバーしている。(記者/林凱)<映像内容>アモイ港の遠海コンテナ埠頭の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 空撮 風景 景観 IT 科学 技術 5G アメリカ オセアニア コンテナ コンテナトラック コンテナ取扱 コンテナ埠頭 コンテナ換算 スマート スマート港湾 センター テクノロジー トラック ヨーロッパ 中国福建省 中国経済 北西ヨーロッパ 国際海運 国際海運センター 新型コロナウイルス 新型コロナウイルス感染症 海運センター 環境保護 知的財産権 自動化コンテナ埠頭 自動運転 自動運転コンテナ 自動運転コンテナトラック 貿易航路 遠海コンテナ埠頭

映像情報

撮影日
2020/07/08
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分22秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4