「新華社」ポリプロピレンなど3化学工業品オプション取引始まる大連商品取引所
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」ポリプロピレンなど3化学工業品オプション取引始まる大連商品取引所 中国遼寧省の大連商品取引所で6日、ポリプロピレン(PP)、ポリ塩化ビニール(PVC)、直鎖状低密度ポリエチレン(LLDPE)のオプション取引が正式に始まった。同一産業チェーンで3品目のオプション取引が同時に開始されるのは中国で初めてで、国内商品オプション取引の新たな拡大ブーム到来を示すものといえる。現在、中国の化学工業品先物は世界で最も活発に取引され、最も特色ある化学工業セクターに発展しており、同取引所は長く世界最大のプラスチック先物市場としての地位を維持している。市場リスクの高まりに伴い、今年は化学企業の先物取引がより活発化するとみられる。先物を効果的に補完するものとして、オプション取引はプラスチック化学企業のリスク管理手法をより多様化させることができ、資本市場で中心的な役割を果たすことで、多層的な資本市場システムの整備につながる。(記者/姜兆臣)<映像内容>ポリプロピレンなど3品目のオプション取引が開始、撮影日:2020(令和2)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 大連商品取引所 オプション取引 工場 マスク LLDPE システム セクター チェーン ブーム到来 プラスチック プラスチック先物 プラスチック先物市場 プラスチック化学 プラスチック化学企業 ポリプロピレン ポリ塩化ビニール リスク管理 リスク管理手法 世界最大 中国遼寧省 低密度ポリエチレン 先物取引 先物市場 化学企業 化学工業 化学工業セクター 商品オプション 商品オプション取引 商品取引所 国内商品オプション 国内商品オプション取引 大連商品 市場リスク 拡大ブーム 拡大ブーム到来 産業チェーン 資本市場 資本市場システム

映像情報

撮影日
2020/07/06
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
HD
フレームレート
25fps
再生時間
00分41秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4