「新華社」中国鉄路ハルビン局集団、デジタル通関システムの運用を開始
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」中国鉄路ハルビン局集団、デジタル通関システムの運用を開始 中国国家鉄路集団傘下の中国鉄路ハルビン局集団は7月から、内モンゴル自治区の満州里口岸(通関地)駅と黒竜江省の綏芬河(すいふんが)口岸駅でデジタル通関システムの運用を正式に開始した。従来の手作業による申告や紙の申告書を廃止したことで、荷主は居ながらにして税関申告などの手続きを完了できるようになり、鉄道による国際輸送を担う関連各機関はオンラインによるデータ共有を実現。口岸の利便性と通関効率が大幅に向上した。(記者/王君宝)<映像内容>中国鉄路ハルビン局集団がデジタル通関システムの運用を開始、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 鉄道 デジタル通関システム オンライン システム デジタル デジタル通関 データ共有 ハルビン 中国国家 中国国家鉄路 中国鉄路 中国鉄路ハルビン 内モンゴル自治区 国家鉄路 国家鉄路集団 国際輸送 満州里口岸 税関申告 通関システム 通関効率 鉄路ハルビン 鉄路集団 鉄路集団傘下 集団傘下 黒竜江省

映像情報

撮影日
2020/07/12
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
00分44秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4