「新華社」自然保護区で希少鳥類ブロンズトキの自然繁殖を確認雲南省
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」自然保護区で希少鳥類ブロンズトキの自然繁殖を確認雲南省 中国雲南省大理ペー族自治州剣川県の剣湖湿地省級自然保護区にこのほど、希少鳥類のブロンズトキ数羽が姿を現した。研究スタッフによる追跡調査により、ブロンズトキは同湿地で自然繁殖しており、ひな3羽が誕生していたことが分かった。ブロンズトキは主に欧州南部、アフリカ、中米、アジアに分布している。中国の国家2級保護動物に指定されているが、長期間確認されなかったため、国際自然保護連合(IUCN)の基準に照らし、多くの専門家が中国では絶滅していたと考えていた。剣湖湿地管護局の職員が6月初め、定期巡回中にブロンズトキ8羽の足跡を初めて発見した。研究スタッフの追跡調査と行動観察の結果、同湿地のサギ類繁殖区域でブロンズトキが繁殖していることが確認できた。また、巣の中で幼鳥3羽が見つかった。中国科学院昆明動物研究所鳥類グループの伍和啓(ご・わけい)博士は「雲南省で初めてブロンズトキの自然繁殖に関する情報を得られた。国内では非常に珍しい」とした上で、ブロンズトキの繁殖期は地域ごとに異なるが、一般的に春に集団で巣を作り、一つの巣に3~5個の卵を産むと説明。今回の情報は、ブロンズトキに関する研究・保護事業を展開する上で重要な意義を持つと述べた。(記者/趙珮然)<映像内容>ブロンズトキの自然繁殖、ひなに餌を与える様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 動物 生き物 生態 繁殖 IUCN アフリカ グループ スタッフ ブロンズトキ 中国科学院 中国科学院昆明 中国科学院昆明動物 中国雲南省 中国雲南省大理ペー族自治州 保護事業 保護動物 動物研究所 動物研究所鳥類 国際自然保護連合 大理ペー族自治州 大理ペー族自治州剣川県 定期巡回 希少鳥類 希少鳥類ブロンズトキ 昆明動物 昆明動物研究所 欧州南部 研究スタッフ 研究保護事業 研究所鳥類 研究所鳥類グループ 確認雲南省 繁殖区域 自然保護 自然保護区 行動観察 追跡調査 雲南省大理ペー族自治州 雲南省大理ペー族自治州剣川県 鳥類グループ 鳥類ブロンズトキ

映像情報

撮影日
2020/07/11
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
00分52秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4