「新華社」温室建設拡大で施設野菜栽培の発展を加速新疆ウイグル自治区
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」温室建設拡大で施設野菜栽培の発展を加速新疆ウイグル自治区 「集中連片深度貧困地区」(国が指定した広域特殊困難地区)の一つ、中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区は今年、100万ムー(約6万7千ヘクタール)の高品質野菜基地を建設し、地元の野菜供給を増やすとともに、野菜産業チェーンを拡大することで、野菜栽培を農家の増収へつながる主力産業にしようと計画している。同地区疏勒(そろく)県郊外にある新疆カシュガル(山東水発集団)現代野菜産業パークでは、数台の大型機械が急ピッチで工事を進め、建設中の温室ハウス900棟以上が整然と並び、パークの基本的な姿が出来上がりつつある。昨年から建設が始まった同パークは敷地面積4711ムー(約314ヘクタール)、計画投資総額は10億6千万元(1元=約15円)、第1期工事で7万平方メートルのスマートオランダ式(フェンロー型)ガラス温室と6480平方メートルの育苗センター、温室ハウス千棟が完成する予定。パーク完成後の野菜生産量は年間最大150万トン、加工能力は同100万トンとされ、3千人分の安定的雇用が創出される。現在は2019年に先行建設された温室ハウス40棟が順調に稼働しており、残る960棟余りのハウスも今年8月末に引き渡され稼働する見通し。(記者/阿曼、李浩志)<映像内容>温室の建設、温室での野菜栽培の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 空撮 農業 建設 栽培 オランダ カシュガル カシュガル地区 ガラス温室 スマート スマートオランダ センター チェーン パーク完成 フェンロー 中国新疆ウイグル自治区 中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区 主力産業 先行建設 加工能力 加速新疆ウイグル自治区 地区疏勒 大型機械 安定的雇用 年間最大 建設拡大 急ピッチ 投資総額 敷地面積 新疆ウイグル自治区 新疆ウイグル自治区カシュガル地区 新疆カシュガル 施設野菜 施設野菜栽培 深度貧困 深度貧困地区 温室ハウス 温室建設 温室建設拡大 現代野菜 現代野菜産業 産業チェーン 産業パーク 育苗センター 計画投資 計画投資総額 貧困地区 野菜供給 野菜基地 野菜栽培 野菜生産量 野菜産業 野菜産業チェーン 野菜産業パーク 高品質野菜 高品質野菜基地

映像情報

撮影日
2020/07/13
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分19秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4