「新華社」かつての炭鉱がピアノ文化パークに変身浙江省徳清県
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」かつての炭鉱がピアノ文化パークに変身浙江省徳清県 中国浙江省湖州市徳清県洛舎鎮東衡村はかつて石炭の一大産地だった。同村では1997年以降、鉱山開発と採掘が行われ、大規模な坑道が残されて環境悪化を招いていた。村は2009年12月に全ての炭鉱企業を閉鎖、11年に坑道を埋め戻して整備し、環境を改善した。16年には広さ680ムー(約45ヘクタール)のピアノ文化パークを建設し、現在までにピアノメーカー46社が入居している。かつての炭鉱の村の住民は、自宅近くで就業や創業の機会を得られるようになった。同村では19年の総収入が2576万元(1元=約15円)、村民1人当りの平均可処分所得が3万5600元に上った。(記者/許舜達、李濤、馬剣)<映像内容>炭鉱企業を閉鎖しピアノ文化パークを建設した街の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 空撮 街並み 風景 ピアノ ピアノメーカー ピアノ文化 ピアノ文化パーク メーカー 一大産地 中国浙江省 中国浙江省湖州市 可処分所得 変身浙江省 変身浙江省徳清県 平均可処分所得 徳清県洛 文化パーク 浙江省徳清県 浙江省湖州市 浙江省湖州市徳清県 湖州市徳清県 湖州市徳清県洛 炭鉱企業 環境悪化 鉱山開発

映像情報

撮影日
2020/07/21
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
SD
フレームレート
25fps
再生時間
01分14秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4