「新華社」80秒で分かる雄安新区建設の新たな進展河北省
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」80秒で分かる雄安新区建設の新たな進展河北省 中国河北省雄安新区では7月に入り、プロジェクト建設が勢いよく進んでいる。敷地面積約21万7千平方メートルの雄安新区ビジネスサービスセンターは、北京の非首都機能分散を引き受ける都市機能エリアとなり、雄安新区の先行建設部分に高基準の付帯サービスを提供する。6月末時点で、全長約93キロの京雄高速道路(北京市‐雄安新区)河北省区間建設への今年の投資額は54億6600万元(1元=約15円)に達しており、開通後は北京市、天津市への所要時間が60分、河北省石家荘市への所要時間が90分に短縮される。雄安新区の共同溝プロジェクトでは、エネルギー室、総合機能室、電力室、物流通路などが建設される予定で、物流車両が地下を走ることで、地上の渋滞を回避することができるという。(記者/杜一方、曹国廠)<映像内容>雄安新区建設のプロジェクト建設の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 建設 風景 エネルギー サービス サービスセンター ビジネス ビジネスサービスセンター プロジェクト プロジェクト建設 中国河北省 中国河北省雄 京雄高速道路 付帯サービス 先行建設 先行建設部分 共同溝プロジェクト 区間建設 建設部分 所要時間 敷地面積 機能エリア 機能分散 河北省区間 河北省区間建設 河北省石家荘市 河北省雄 河北省雄安新 物流車両 物流通路 石家荘市 総合機能 進展河北省 都市機能 都市機能エリア 雄高速道路 首都機能 首都機能分散 高速道路

映像情報

撮影日
2020/07/20
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
25fps
再生時間
01分14秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4