「新華社」モウコノウマ、今年上半期に41頭誕生新疆ウイグル自治区
本映像はログイン後にご覧いただけます

「新華社」モウコノウマ、今年上半期に41頭誕生新疆ウイグル自治区 中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地で今年1~6月、世界で唯一の現存する野生馬、モウコノウマが新たに41頭誕生した。大部分は人工飼育されていない野生馬だった。同自治区野生馬繁殖研究センターの馬新平(ば・しんぺい)主任によると、モウコノウマの繁殖期は5月から始まり6月にピークを迎える。カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区では、野生馬29頭、半野生馬6頭、人工飼育馬6頭が誕生した。モウコノウマは約6千万年の進化の歴史を持つ「生きた化石」で、世界でも約2千頭しか生息していない。同自治区内に生息するモウコノウマの個体数は現在、479頭まで増加している。(記者/張嘯誠、杜剛)<映像内容>新疆ウイグル自治区のモウコノウマの様子、授乳の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

タグ 動物 生き物 生態 親子 授乳 空撮 ドローン しんぺい イリ山有 イリ山有蹄 カラマイリ山 カラマイリ山有 ジュンガル ジュンガル盆地 センター モウコノウマ 中国新疆ウイグル自治区 人工飼育 新疆ウイグル自治区 生きた化石 研究センター 繁殖研究 繁殖研究センター 自治区内 自治区野生 自然保護区 誕生新疆ウイグル自治区 野生動物 野生動物自然保護区

映像情報

撮影日
2020/07/14
種別
映像・音声 / 報道
提供元
新華社

データサイズ

フレームサイズ
SD
フレームレート
25fps
再生時間
01分37秒
音声有無
なし
映像有無
不明
映像形式
mp4