ロボットが担う未来サービス 高輪新駅で実験、消毒も
本映像はログイン後にご覧いただけます

ロボットが担う未来サービス 高輪新駅で実験、消毒も  JR東日本が東京・山手線に30番目の新駅として3月に開業した高輪ゲートウェイ駅で、将来の鉄道事業の変革を目指した最新鋭ロボットの実証実験を進めている。27日は報道関係者に実験を公開した。 消毒ロボットはセンサーや3Dカメラを駆使して人や壁にぶつからないようにしながら、手すりに消毒液を吹き付けて回った。 山手線の車両を模したロボットは駅の会議室までコーヒーを運び、自動で元の位置に戻った。 スーツケースを積んで自動走行するロボットや、小回りな移動に適した乗り物「パーソナルモビリティー」も構内をゆっくりと回った。 JR東は実験や試験運用を重ねて各地の駅に展開したい考えだ。 <映像内容>手荷物搬送ロボットやパーソナルモビリティーの走行の様子、ロボットが軽食を運ぶ様子、消毒ロボットの活動の様子、技術イノベーション推進本部の佐藤勲部長のコメントなど、撮影日:2020(令和2)年7月27日、撮影場所:東京都港区

タグ JR東日本 山手線 高輪ゲートウェイ駅 鉄道事業の変革 最新鋭ロボット 実証実験 消毒ロボット パーソナルモビリティー 試験運用 JR東日本 イノベーション イノベーション推進 イノベーション推進本部 ゲートウェイ コメント コーヒー サービス スーツケース センサー ロボット 佐藤勲部長 報道関係者 手荷物搬送 手荷物搬送ロボット 技術イノベーション 技術イノベーション推進 推進本部 搬送ロボット 新鋭ロボット 未来サービス 東京山手線 東京都港区 自動走行 鉄道事業 高輪ゲートウェイ 高輪新駅

映像情報

撮影日
2020/07/27
種別
映像・音声 / 報道
提供元
共同

データサイズ

フレームサイズ
FullHD
フレームレート
29.97fps
再生時間
01分58秒
音声有無
不明
映像有無
不明
映像形式
mp4